logo

世界スマートスピーカ市場、第3四半期は740万台出荷--アーリーアダプタ段階が終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Strategy Analyticsは、スマートスピーカ市場に関する調査を実施し、その結果を発表した。それによると、2017年第3四半期における全世界の出荷台数は740万台で、前年同期の90万台に比べ708%増という大幅な伸びとなった。メーカー別では、アマゾンとグーグルを合わせたシェアが9割を超えていた。

 スマートスピーカの導入率は上昇を続けており、Strategy Analyticsは、アーリーアダプタの段階から大量の一般消費者が購入する段階へ移行し始めた、と指摘。今後、販売されるモデルと地域が増えることから、2017年第4四半期の「Google Home」と「Amazon Echo」を合わせた出荷台数は1200万台を超えると見込んだ。

 地域別にみると、中国ではAlibaba(アリババ)、Xiaomi Technology(シャオミ)、JD.com(京東商城)がオンラインショッピングイベント「独身の日」に向けて魅力的な価格設定とプロモーションを実施したことと、Baidu(バイドゥ)の「DuerOS」搭載スマートスピーカ発売が予想されることから、2017年第4四半期に市場が急速に立ち上がるという。

 2017年第3四半期に北米市場のシェアは全体の75%近くあったが、第4四半期には西欧とアジア太平洋地域の出荷が増え、北米のシェアが減る見通し。

 2017年第3四半期における主なベンダーの出荷台数などは以下のとおり。括弧内は、前年同期の数値。

●アマゾン

  • 出荷台数:500万台(90万台)
  • 市場シェア:66.9%(93.5%)

●グーグル

  • 出荷台数:190万台
  • 市場シェア:25.3%

●JD.com(京東商城)

  • 出荷台数:10万台
  • 市場シェア:1.6%

●Xiaomi Technology(シャオミ)

  • 出荷台数:10万台
  • 市場シェア:1.3%

●Alibaba(アリババ)

  • 出荷台数:10万台
  • 市場シェア:0.9%

●その他

  • 出荷台数:30万台(10万台)
  • 市場シェア:3.9%(6.5%)

●合計

  • 出荷台数:740万台(90万台)


出荷台数(出典:Strategy Analyticsの公表データをグラフ化)

出荷台数ベースの市場シェア(出典:Strategy Analyticsの公表データをグラフ化)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]