logo

グーグル、ARプラットフォーム「Project Tango」のサポートを3月に終了へ

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年12月18日 08時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月15日、開発者向け拡張現実(AR)プラットフォーム「Project Tango」のサポートを2018年3月1日に終了することを発表した。Googleは、「Android」搭載端末用のARアプリやゲームを開発できる「ARCore」に重点を置いている。

 Googleの広報担当者は米ZDNetに対し、「ARCoreによってAndroidエコシステム全体に拡張現実(AR)をもたらすことに注力しており、Tangoのサポートを終了しようとしている。この3年間でTangoをこれほどまで進化させた素晴らしい開発者コミュニティーに感謝する。皆さんがARCoreでその取り組みを継続してくれることを楽しみにしている」と述べた。

 Project Tangoは2014年に発表された。携帯端末でGPSを使わなくても、周囲の世界に対する自分の位置を検出できるようにする技術だ。Googleは開発者向けスマートフォンやタブレットを提供し、3Dモバイルセンシングの体験を実現するアプリの開発を促した。レノボも、3Dモーションを追跡するセンサやカメラを端末背面に搭載する、Project Tango対応スマートフォンを提供している。

 Project Tangoとは異なり、ARCoreでは追加のハードウェアは不要だ。

 Googleは15日、「ARCore Developer Preview 2」をリリースした。ARアプリでARセッションの一時停止と再開を可能にする機能が追加されており、例えばユーザーは、電話を受けた後にARアプリに戻ることができる。

Google Project Tango

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集