logo

Facebook幹部のデビッド・マーカス氏、暗号通貨取引所Coinbaseの取締役に

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ) 編集部2017年12月15日 11時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 暗号通貨の取引所大手Coinbaseは、Facebookでメッセージング製品担当バイスプレジデントを務めるDavid Marcus氏がCoinbaseの取締役会に加わると発表した

 Coinbaseの共同創設者で最高経営責任者(CEO)を務めるBrian Armstrong氏は、Marcus氏の経験が「Coinbaseの取締役会にさらなる幅と奥行きをもたらすとともに、当社がデジタル通貨の取引所として最も人気が高く、最も安全な場所になることに注力する中で、経営陣の助けになる」と述べている。

 Facebookに入社する前のMarcus氏の経歴を紹介しておくと、同氏は自身のモバイル決済企業Zongが買収された後、PayPalのプレジデントを務めた。

 Marcus氏は声明の中で、「私は2012年から暗号通貨に関わっており、関心を寄せてきた。私はCoinbaseがこの新しい資産クラスへのアクセスを民主化し始めるのを目にしてきた。Coinbaseの取り組みは世界中の人々の生活を大きく変える可能性があると確信している」と述べた。

 ビットコインなどの暗号通貨に対する人々の関心が高まる中で、Coinbaseの人気はこの数週間で爆発的に拡大している。


David Marcus氏
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]