logo

Uber、ロンドンで営業免許の再交付の判断は早くて2018年4月

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年12月12日 10時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロンドンでUber Technologiesの営業免許が再交付されるかどうかが判明するのは、早くても2018年春になりそうだ。裁判所が現地時間12月11日に明らかにした。

 Uberの控訴審は、2018年4月30日から5日間にわたって行われる予定だが、6月までずれ込む可能性もあると、Reutersが予審での裁判官の発言として報じた

 Uberのロンドンでの営業免許は9月に失効している。同市の交通規制当局であるロンドン交通局(TfL)が更新を拒否したためだ。Uberはただちに、TfLの決定に対する不服を申し立てる意思があると表明した。今はこの手続き期間中であるため、Uberはロンドンでの事業を継続している。


提供:Oli Scarff / Getty Images

 Uberの最高経営責任者(CEO)であるDara Khosrowshahi氏は、10月3日にロンドンを訪れて当局者と面会し、営業免許の再交付を受けられるようにするため、TfLと協力する意思を明らかにした。不服申し立ての手続きが正式に始まったのは10月半ばのことだ。

 今回の予審は11日に開かれたものだが、今週後半にはさらに2回の審問が開かれ、労働組合とロンドンタクシー運転手協会がTfLとともにこの訴訟に参加できるかどうかが判断される。

 Uberの広報担当者は、声明の中で次のように述べている、「われわれが不服申し立てをしたのは、今後もロンドンで数百万の利用者と数万人のドライバーがサービスを利用できるようにするためだ。しかしながら、われわれはこの問題を解決するため、ロンドンの交通当局と建設的な議論を続けている。新たに就任した当社のCEO、Dara Khosrowshahiが述べたように、われわれは状況を正常化する決意を固めている」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]