logo

ウェブ接客「KARTE」、サイトや店舗で“分断”されたユーザー体験をつなぐ新サービス

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2017年12月04日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プレイドは12月4日、同社が提供するウェブ接客ツール「KARTE(カルテ)」を活用して、自社サイトやメディア、実店舗など、オンラインとオフラインで分断されていたユーザー体験をつなぐサービス「KARTE CX CONNECT」の提供を開始した。


「KARTE CX CONNECT」のイメージ

 KARTEは、サイトに来訪したユーザーの特徴や行動をリアルタイムに解析し、個々の利用者にあわせたコミュニケーションを実現するサービス。メールやLINE、SMSやブラウザ通知など、サイト外にいる利用者へのアクションにも対応する。2015年3月にサービスを開始し、累計解析ユーザー数は12億5000万人、年間のEC領域解析売上金額は5000億円、導入社数は1430社(2017年2月末時点)を超えているという。

 新たに提供するKARTE CX CONNECTでは、エンジニアによる高度な開発やマーケティングツール間の複雑な連携を必要とせず、KARTEのみを介して顧客の体験を横断的に可視化。それに合わせたアクションが可能になるため、商品や企業ではなく顧客を軸にした企業マーケティングが促進できるとしている。不動産ポータルサイトや宿泊施設サービスでの導入が予定されているという。


 また、媒体社向けに提供する初回案件として、オールアバウトが運営する総合情報サイト「All About」への導入が決定した。All Aboutの「金融」「住宅」「妊娠出産・子育て」「結婚」カテゴリにKARTEが連携し、コンテンツの接触や読了率などを含めてユーザーをリアルタイムに可視化。行動・嗜好情報やライフステージに関するユーザー情報(ライフイベントデータ)を解析する。

 ユーザーがAll Aboutに出稿する企業ブランドサイトへ移動した際にも、広告主はKARTEを導入することでAll Aboutと自社サイト内を横断してユーザーを統合し、行動や体験をリアルタイムに把握できるようになるとしている。また、属性や興味、検討度合い(スコアリングによる定量化)などから、ユーザーごとに最適な顧客体験を設計し、個別に最適なコミュニケーションができるとのこと。

 さらに、最終購買がオンラインを離れてオフラインで行われることが多い住宅や金融サービスにおいても、オフラインのタッチポイントにKARTEを導入することで、実店舗側をつなげたリアルな営業支援に対応する。オンライン上から送客した実店舗への初回来店顧客に対しても、興味や関心に合わせた、顧客ごとの商談やコミュニケーションが可能だという。すでに大手銀行、生命保険、保険相談サービス、住宅仲介サービスなどへの導入が決定しているという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]