logo

「真・女神転生」のAR機能や“ことばRPG”の意欲作--セガのスマホゲーム新作発表会

佐藤和也 (編集部)2017年11月22日 17時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 発表会の冒頭であいさつを行ったセガゲームス 代表取締役社長 COOの松原健二氏。

 これまでスマートフォン向けタイトルはセガネットワークス カンパニーが中心となって展開してきたが、2017年にバーチャルカンパニーを統合。デバイス別ではなく、IPやスタジオを軸に、それらが持つ力を最大限に発揮する方針で展開すると説明した。

 発表会の冒頭であいさつを行ったセガゲームス 代表取締役社長 COOの松原健二氏。

 これまでスマートフォン向けタイトルはセガネットワークス カンパニーが中心となって展開してきたが、2017年にバーチャルカンパニーを統合。デバイス別ではなく、IPやスタジオを軸に、それらが持つ力を最大限に発揮する方針で展開すると説明した。

 セガゲームスは11月21日、「セガゲームス スマートフォン向け新作発表会」を開催。「ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~」「プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド」「共闘ことばRPG コトダマン」の新作3タイトルならびに、事前登録を行っている開発中のタイトル「D×2 真・女神転生リベレーション」についての続報を発表した。

 D×2 真・女神転生リベレーションは、AR機能の開発を発表。会場では、スマートフォンを通じて現実世界に悪魔たちの姿を映し出すデモを披露。ほかにも世界展開を発表し、台湾、香港、マカオで事前登録の受付を開始している。

 ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~は、f4samuraiが開発する新作RPG。行方不明の父親を探す「重力使いのヒューゴ」と、病に侵された幼馴染を救おうとする「小さき種族 ピノのニール」が、未知のチカラを持つといわれる世界の底「エンドロール」を目指す内容。脚本原案は、「仮面ライダー電王」、「進撃の巨人」(アニメ版)などを手がけた小林靖子氏、オープニングアニメは「スタジオM2」、ゲームサウンドはプロキオン・スタジオが手掛けている。

 プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールドは、サッカークラブ経営シミュレーションゲーム「プロサッカークラブをつくろう!」(サカつく)シリーズの最新作。クラブ運営の深みやボリューム感といった正統派サカつくの面白さをスマートフォンで再現したものとしている。

 共闘ことばRPG コトダマンは「ことば」をテーマにした新感覚RPG。最大4人でのマルチプレイが可能で、文字の精霊「コトダマン」が持つ文字を組み合わせてことばを作り敵を攻撃するという内容になっている。

-PR-企画特集