logo

「空飛ぶ自動車」の開発企業Terrafugia、ボルボ親会社の中国企業Geelyが買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 空飛ぶ自動車を開発中の米国企業Terrafugiaは、スウェーデンの自動車メーカーVolvo Carsを傘下に持つ中国の浙江吉利控股集団(Zhejiang Geely Holding Group:Geely)に買収されたと発表した。TerrafugiaはGeelyの100%子会社となり、空飛ぶ自動車の開発を加速させる。


空飛ぶ自動車を開発中のTerrafugiaがGeelyの100%子会社に(出典:Terrafugia)

 Terrafugiaは、空飛ぶ自動車の実現を目指し、マサチューセッツ工科大学(MIT)出身者5人が2006年に設立した企業。実際に飛行する試作機を開発済みで、2019年に初の商用モデル、2023年ごろに垂直離着陸(VTOL)タイプを市場投入させたい考え。


構想中の電動VTOLタイプ空飛ぶ飛行機「TF-X」(出典:Terrafugia)

 Geelyによる買収後も、Terrafugiaは本社および開発拠点を米国に置き、開発を続ける。すでにGeelyの支援を受け、技術者チームの規模を3倍に拡大させている。

 今回の買収に伴い、Terrafugiaの最高経営責任者(CEO)にはBell Helicopter China元代表取締役のChris Jaran氏が就任する。Terrafugiaの創業者であるCarl Dietrich氏は最高技術責任者(CTO)となる。

 なお、空飛ぶ自動運転車はTerrafugia以外に、AirbusAeroMobilも実現を目指している。また、Uber Technologiesおよび米航空宇宙局(NASA)Airbus HelicoptersVolocopterによる、ドローン型の空中タクシー的な構想もある。

-PR-企画特集