logo

iFixit、「iPhone X」用の透視壁紙を公開--狭額縁なので従来モデルよりピッタリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iFixitは、Appleの最新スマートフォン「iPhone X」向け壁紙画像として、iPhone Xの内部を撮影した写真と、X線による透視画像を公開した。


早速iPhone Xに設定してみた

 これら画像は、さまざまな製品の分解や修理を手がけるiFixitがリリースしているものの最新版。iPhone Xの壁紙として設定すると、まるでディスプレイが消えて、内部の回路がむき出しになったり、X線で透視したりしているように見える。特にiPhone Xは狭額縁デザインなので、従来のiPhone向け画像よりも丸見え感が強まった。

 壁紙の設定手順は以下のとおり。まず、iPhone XからiFixitのウェブページにアクセスし、設定したい壁紙のフル解像度版(1125×2432ピクセル)をダウンロードして保存する。そして、「設定」メニューから「壁紙」に入り、「壁紙を選択」で該当画像を選べばよい。


iPhone X用の壁紙画像(出典:iFixit)

 なお、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」用の壁紙は準備中。そのほかの壁紙については、以下を参照されたい。


“X線壁紙”を設定したiMac(出典:iFixit)

-PR-企画特集