logo

「iPhone X」は歴代モデルから一変、基板2層化やバッテリの2セル化--iFixitが分解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  iFixitは、Appleの最新型スマートフォン「iPhone X」を分解し、その手順などを公開した。

 iPhone Xの画面とバッテリは、取り外しが容易で交換しやすく、修理のしやすさにつながる。分解するには特殊なドライバが必要だったり、防水対応のため修理作業が複雑になったりすることはあるものの、短所というほどではない。その一方、細かな配線が無関係な部品をつないでおり、交換には骨が折れる。さらに、ガラス製の背面カバーは壊れやすく、取り外しも難しいので、割れた場合にはシャーシごと交換するしかないという。

 最終的に、修理のしやすさを0から10の数値(10がもっとも修理しやすい)で表す「Repairability Score」(修理容易性スコア)を6とした。


修理容易性スコアは10点満点の6点(出典:iFixit)

 ボディ側面から画面を外して開く作りは既存モデルの「iPhone 7」や「iPhone 8」と同様だが、内部は違っていた。既存モデルと大きく異なる点は、ロジックボードおよびバッテリの構成方法だった。


内部構造は既存モデルと大きく異なる(出典:iFixit)

 5.8インチという大きな画面を採用し、さらにその消費電力を賄うのに必要な容量のバッテリを内蔵するため、内部の部品を収める空間はどうしても小さくなる。そこで、Appleはロジックボードを2枚に分け、それを重ねる構造としたことで、高密度に電子部品を詰め込んだ。その結果、ロジックボードに占められる面積は「iPhone 8 Plus」の約70%と小さくなったにもかかわらず、実装可能な面積は逆に35%増えている。


2枚の基板で構成されたロジックボード(出典:iFixit)

 バッテリは、iPhoneシリーズとして初めて2セル構成となった。2つのセルを組み合わせることで配置の柔軟性が高まり、内部の狭い空間の有効活用が可能になる。バッテリのスペックは3.81V、2716mAh、10.35Whで、iPhone 8 Plusに比べやや容量が増えた。また、iPhone 8およびiPhone 8 Plus同様、バッテリは引っ張るとはがれるテープ型の接着剤を4つはがすと簡単に交換できる。


バッテリはiPhoneシリーズ初の2セル構成(出典:iFixit)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]