logo

次期ハイエンド「iPad」は顔認証対応、ホームボタン廃止--Bloomberg報道

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年11月09日 07時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが「iPhone X」と同じ顔認証機能を搭載するハイエンドの新型「iPad」に取り組んでいると、Bloombergが報じている。早ければ2018年に発売される可能性があるという。

次期iPadにはFace IDが搭載されるかもしれない。
次期iPadにはFace IDが搭載されるかもしれない。
提供:Óscar Gutiérrez/CNET

 Appleは通常、iPadの新シリーズを6月に発表する。Bloombergによると、2018年には、「Face ID」で端末のロック解除などを行うタブレットが少なくとも1機種発表されるという。情報提供者の1人は、これによりホームボタンがなくなる見込みだと語っている。また端末上下のベゼルがかなり薄くなるという。

 iPhone XのFace IDシステムでは、一連のカメラやセンサによってユーザーの顔をスキャンし、端末のロック解除などを行う。Face IDは、2013年の「iPhone 5S」で導入された指紋センサ「Touch ID」の後継となるシステムだ。

 新型iPadには、顔認証が搭載される可能性があるが、iPhone Xのような有機ELディスプレイはおそらく搭載されないとBloombergは報じている。有機ELには、端末のディスプレイや色を向上させる効果がある。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集