logo

ロシア関連のFacebookアカウント、対立を招くイベントを支援していた

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年10月31日 08時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシアが運用するFacebookアカウントに関わる人物らが米国で、対立を招く話題をめぐるイベントの主催を支援したり、資金を援助したりしていたという。多くのケースにおいて、論争の的となる問題の両サイドを煽っていたと、The Wall Street Journal(WSJ)が報じた。


提供:Justin Tallis / AFP/Getty Images

 WSJは、7月の例を挙げている。その日、ロシアを拠点とするある企業が2件のイベントを主催した。1つは、7月7日にダラスで射殺された警官らを悼むための「Blue Lives Matter」という集会。もう1つはミネアポリス近郊で開催された、職務質問中に警官に銃で撃たれて亡くなったPhilando Castileさんという黒人を悼むためのイベントだ。

 2つのイベントが示しているのは、ロシアがとっていた行動はソーシャルメディアに広告と偽ニュースを拡散して米国に影響を与えたことだけにとどまらないということだ。ロシアは、バイラルコンテンツを作成してソーシャルメディア上で意見の対立や激しい憤りの種をまくことに長けているとみられている。

 これらのアカウントは、2016年の米大統領選前後の各種イベントの主催も支援していたとWSJは報じている。

 Facebookから直ちにコメントを得ることはできなかった。

 Facebookは米国時間11月1日、GoogleやTwitterとともにロシアの広告による影響について米議会で証言する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]