logo

自動運転やコネクテッドカー以外も注目--クルマ好きのための東京モーターショー 2017

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 運転好きでカッコイイクルマが好きな人にとっては、自動運転やコネクテッドカーばかりが取り上げられる現在の状況はあまり楽しくないかもしれない。自動運転ばかりになれば運転の楽しみも減り、便利なクルマを追求すればカッコという意味では難しくなる──と考える人もいるだろう。そんな人にとっても、東京モーターショー 2017はおもしろいものになっている。


東京モーターショーの会場は東京ビッグサイト

コンセプトカーには現実的な提案も

 メーカーのブースの中央に展示されているのは、このまま登場するはずもないコンセプトカーだ。なので、将来、買えそうなクルマを見るためにモーターショーに来ているのに、まったくの無駄じゃないかと考える人もいる。実はそうでもないのだ。

 クルマ業界の特殊なところで理解が難しいのがこのコンセプトカーで、最近の傾向としては自動運転はもちろん未来の動力で走るというものがトレンドだ。カタチを良くみれば外見はもちろん、シートの形や内装など、冷静に考えればこのままのカタチでクルマとして成立するわけがない。

 では、完全に絵空事なのかと思えばそうでもない。中身や装備は完全に“コンセプト”でもスタイリングは近々登場するクルマのものだったりする。コンセプトカーで謳っている機能は、まったく別のものだったり、現実に即したものに変化したりするが、過去、コンセプトカーの一部の要素を踏襲して登場する例は多くある。

 そう考えると、自動運転に興味がなくても、かっこいいコンセプトカーがあれば注目に値する。数年後に登場するかっこいいクルマのデザインのベースかもしれず、想像するだけでも楽しくなってくる。

 そして、コンセプトカーの傾向を見れば、そのメーカーが今後どういう方向なのかがわかってくる。たとえば三菱自動車の「e-EVOLUTION CONCEPT」は、SUVが得意なメーカーだけにスタイルはSUVだ。4WDを3つのモーターで実現するというコンセプトだが、EVでなければ成立し得ないというボディ形状でもないため、現実的なPHEVやハイブリッド車で登場する可能性はある。

 ただ、e-EVOLUTION CONCEPTの場合、年度内の発売予定車「エクリプスクロス」としてスタイルはほぼ実現してしまっているため、今後、どうe-EVOLUTION CONCEPTに詰まったコンセプトを発展させていくかはわからない。謳っているメカニズムだけ、ということもあり得る。

 ほかのメーカーもコンセプトカーは得意領域を示している。ホンダはコンパクトスポーツカー、スズキはコンパクトなSUV、ダイハツはコンパクトながら実用性を備えたスポーツカーといった具合だ。これらのデザインがどうなるかは未知数だが、そのメーカーに求められるものを体現しているだけに、期待したい。


日産のコンセプトカー「ニッサン IMx」。航続距離600kmの4WDのEV

スバルの「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」。2020年に高速道路で自動運転を実現するイメージ

三菱自動車の「e-EVOLUTION CONCEPT」、3モーターの4WD SUV

三菱自動車が年度内に発売する予定の「エクリプスクロス」

「Honda Sports EV Concept」と「Honda Urban EV Concept」

コンパクトSUV「e-SURVIVOR」、ラダーフレームの耐久性と4つのモーターによる4WDとなる

ダイハツは昔の「コンパーノ」の現代版「DN コンパーノ」を展示。クーペスタイルで4ドア4人乗りという実用性を備える

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]