logo

「Gmail」にサードパーティー連携のアドオンが追加--ウェブとAndroidで

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年10月25日 08時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間10月24日、「Gmail」のメッセージから多数のオンライン作業を開始できるようにするためのアドオンシステムの提供を発表した。例えば、求人応募者の状況確認、ToDoリストの作成、連絡先リストの更新といった作業を始めることができる。


提供:Google

 10億人を超えるユーザーを擁するGmailは、インターネット上で大きな力を持つ。しかし、その受信箱から情報を引き出してより便利な場所を作り出しているのは、他社のツールだ。Slack、Salesforce.com、Evernoteなどの企業はすべて、他のサービスと連携することによってそれをさらに便利にすることを目的としている。新しいアドオンにより、Googleの電子メールサービスであるGmailは、ユーザーのオンライン作業において、周辺機能ではなくハブに近い存在となる可能性がある。

 サードパーティーの開発者らによるアドオンは、ウェブまたは「Android」上でGmailを利用するユーザーを対象とするGoogleの「G Suite Marketplace」上で提供されている。アドオンを実行すると、カードと呼ばれるパネルが表示され、以下のような作業を行うことができる。

  • 「Intuit QuickBooks」と連携する返信メールの中に請求書を作成する。
  • 電子メールを、「Asana」「Trello」「Wrike」によって追跡されるToDoリストに変換する。
  • 「ProsperWorks」サービスで使用する顧客情報を取得する。
  • 「Dialpad」や「RingCentral」などの通信サービスの状況を表示する。

 多数のPDFファイルに署名するユーザー向けに、「DocuSign」サービス用のGmailアドオンがまもなく提供される予定だと、Gmail製品マネージャーのAakash Sahney氏はブログに投稿した記事で述べた。

 ただし少なくとも現時点では、「iPhone」と「iPad」向けのGmailアプリではアドオンは動作しない。「アドオンを『iOS』版Gmailユーザに提供するために、Appleと連携している」とGoogleはコメントしたが、その完了予定時期には触れなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]