logo

「iPhone」、2018年の全機種に「Face ID」搭載?

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年10月16日 09時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「Face ID」は、「iPhone X」が発売される11月3日に登場する予定だが、その後広く浸透する可能性がありそうだ。KGI Securitiesのアナリストで、Appleの情報に詳しいことで知られるMing-Chi Kuo氏によると、2018年には「iPhone」の全機種にFace IDが搭載される可能性があるという。

 Appleの「TrueDepth」カメラシステムに基づき、iPhone Xには、Face IDや拡張現実(AR)、「Animoji」といった多様な新機能が搭載される。顔認識は、iPhone Xで最も注目すべき機能となっており、より従来の形に近い「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」との大きな違いの1つでもある。

 Kuo氏は、2018年にリリースされるiPhoneでは、指紋センサがなくなる可能性が高いとしている。つまり、iPhoneから「Touch ID」がなくなることになるかもしれない。Touch IDは、端末のロック解除や「Apple Pay」といった特定の目的に使われてきたが、Face IDが意図した通りに動作すれば、Touch IDは(少なくとも現在の形では)終わりを迎える可能性がある。

 Kuo氏はさらに、TrueDepthカメラがAppleに競争上の優位性を与え、iPhone Xは現在市場で発売されている他の端末との差別化を図ることができると指摘している。同氏によると、「Android」を利用する競合他社は、顔認識技術に関して数年遅れを取っているという。Appleは、近くこの技術を搭載するiPhoneをさらに発売することで、この優位性を有効に活用できるかもしれない。

 複数のApple製品(「MacBook Pro」など)で現在もTouch IDは使用されているが、他の端末にもまもなくFace IDが使われ始めるだろうとKuo氏は予測している。次期「iPad Pro」は、その候補となる可能性がある。

 一方で、顔認識技術は、iPhone Xの製造に遅れが生じる要因になっているとの報道もある。

 米CNETはこの件に関してAppleにコメントを求めたが、返答は得られていない。

iPhone X
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集