logo

NTT Comと日本MS、デジタルトランスフォーメーションの実現に向けて協業強化

佐藤和也 (編集部)2017年10月05日 18時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と日本マイクロソフト(日本MS)は10月5日、最新テクノロジを活用して経営改革を図る「デジタルトランスフォーメーション」の実現に向け、協業を強化すると発表した。

 両社は4月から、日本MSのクラウドサービス「Microsoft Azure」とNTT Comのクラウドサービス「Enterprise Cloud」を効果的に組み合わせたハイブリッドクラウドサービスや、Office 365による働き方改革ソリューションを提供。今回の協業強化にあたり、「ハイブリッドクラウドのPaaSへの拡大と運用管理機能の拡充」と「Office 365による働き方改革ソリューションの本格化」の2つの取り組みを開始する。

 ハイブリッドクラウドのPaaSへの拡大と運用管理機能の拡充については、Microsoft Azureに対応した「SQL Database」「Web Apps」などのPaaSメニューと、Enterprise CloudをAPIで連携し、Enterprise Cloudのオプションとして提供を開始し、順次拡大していく。これにより、ビックデータなどの秘匿性の高いデータをEnterprise Cloudへセキュアに蓄積。そのデータを暗号化した上で、Microsoft Azureに搭載されたPaaSで分析するといった利用が可能となる。社内システムのクラウド化などを進める顧客に対して、ハイブリッドクラウドの多様な利用環境を提供する。

 また、顧客の運用管理における利便性の向上を目的として、契約からサポートまで一元管理できるNTT Comの管理ポータル上で、クラウド型ライセンスへの移行手続きや利用明細のダウンロード機能を拡充する。ほかにも、欧米拠点で7月から提供されている「Azure Stack」についても、国内導入に向けて準備を進めているという。

ハイブリッドクラウドサービスの利用イメージ
ハイブリッドクラウドサービスの利用イメージ

 Office 365による働き方改革ソリューションの本格化については、Office 365とNTT Comの法人向けレンタルサーバサービス「Bizメール&ウェブビジネス」や、インターネット接続サービス「OCN」、SD-WANサービスを組み合わせたソリューションを提供。たとえば、Office 365とSD-WANサービスを組み合わせた場合、多拠点ビデオ会議や動画資料の共有など、大容量となる通信を利用拠点から直接インターネットにブレークアウトさせることで、サービス利用時のボトルネックが解消されるという。

Office 365とSD-WANサービスとの連携イメージ
Office 365とSD-WANサービスとの連携イメージ

 今後NTT Com社内においてもOffice 365を導入することで、自ら業務改革を実践することにより、働き方改革ソリューションのラインアップの拡大を図る。また、両社においてサービスの共同開発やマーケット戦略の共有など協業を強化し、より多くの顧客に向けたICT環境の最適化、デジタルトランスフォーメーションの実現に貢献していくとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]