logo

「iPhone 8」への買い替え検討ガイド(手持ちiPhoneモデル別)

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年09月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新しい「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」が9月22日に発売された。つまり、選択の時が来たわけだ。買うべきか、それとも今回は見送るべきか?

 iPhoneのすべての新機能を追うのは大変だろうと考え、この買い替えガイドを作成した。あなたが今持っているiPhoneのモデルごとに、新モデルを購入したら何が得られて、何を失うことになるのかを列記した。

 ご自分のiPhoneに関する項目までスクロールすれば、そこに最高のアドバイスがある。

 (このガイドはiPhone 8およびiPhone 8 Plusの購入検討者向けだ。もし新しい「iPhone X」──新しいデザインでより素敵な新機能を備え、11月に発売予定──に興味があるなら、iPhone 8とiPhone Xを比較検討する必要がある。)

iPhone 7からiPhone 8へ


iPhone 7は耐水性能、「ジェットブラック」仕上げ、そしてヘッドホンジャックのない最初のiPhoneだ。
提供:Sarah Tew/CNET

 あなたが今持っているのが「iPhone 7」だとしたら、iPhone 8はあまり大幅なアップグレードにはならない。デザインを刷新したわけではなく、「iPhone 7s」のようなものと思えばいい。だが、もしあなたがスピード、カメラ性能の向上、より大きなストレージ、無線による充電を求めているなら、それらが買い替えの理由になる。

iPhone 8にして得られるもの

  • 「Qi」対応の無線誘導充電
  • 12メガピクセルのカメラセンサ(色がやや改善され、自動フォーカス、低照度性能も強化)
  • 「True Tone」ディスプレイ(周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を調整する)
  • ガラス製の背面
  • 少し速くなった「A11 Bionic」プロセッサ(CPUは25%、GPUは30%高速化)
  • 標準で64Gバイトのストレージ(現行デバイスは32Gバイト)
  • 新しい動画撮影モード(24/60fpsでの4K動画撮影、240fpsでの1080pスローモーション動画)
  • スローシンクロ対応フラッシュ
  • 性能アップしたステレオスピーカ(音が25%大きくなり、低音の出力が強化)
  • 高速充電オプション(USB-Cの電源アダプタとケーブルが必要)

iPhone 8にしても変わらないこと

  • デザイン全体
  • ディスプレイサイズと解像度
  • おおよそのサイズと重さ(iPhone 8の方が高さが0.1mm、厚さと幅が0.2mmずつ大きく、10g重い)
  • 「Touch ID」の指紋センサ
  • バッテリ持続時間
  • 防沫・耐水性能
  • 背面カメラの解像度と光学式手ぶれ補正
  • 前面カメラ
  • 「ARKit」サポート
  • 「Apple Pay」サポート
  • ヘッドホンジャック無し

iPhone 8にしたら失うもの

  • アルミニウムの一体型筐体
  • 「ジェットブラック」「ブラック」「ゴールド」の本体カラー(新しい「ゴールド」は「ローズゴールド」に近い)
  • 128Gバイトモデルはない

iPhone 7 PlusからiPhone 8 Plusへ


iPhone 7 Plus(左)とiPhone 8 Plus(右)
提供:Sarah Tew/CNET

 われわれは「iPhone 7 Plus」を「写真家のためのスマートフォン」と呼んだ。iPhone 8 Plusは、その素晴らしい継承者だ(これらの写真を見てほしい)。だが、iPhone 7 Plusからの改善は控えめだ。最高のカメラ搭載スマートフォン(あるいは、最大で最高のディスプレイを持つスマートフォン)に毎年買い替えるような人であれば、999ドルのiPhone Xを11月まで待つべきだろう。

 あるいは、単に大きな(そして指紋センサが付いている)スマートフォンであるからiPhone Plusに引かれているのであれば、値下げされるまで待った方がいい。

iPhone 8 Plusにして得られるもの

  • 「Qi」対応の無線誘導充電
  • 12メガピクセルのカメラセンサ(色がやや改善され、自動フォーカス、低照度性能も強化)
  • 「True Tone」ディスプレイ(周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を調整する)
  • ガラス製の背面
  • 少し速くなった「A11 Bionic」プロセッサ(CPUは25%、GPUは30%高速化)
  • 標準で64Gバイトのストレージ(現行デバイスは32Gバイト)
  • ポートレートモードの向上、ポートレートライティング(8 PlusとXのみがサポート)
  • 新しい動画撮影モード(24/60fpsでの4K動画撮影、240fpsでの1080pスローモーション動画)
  • スローシンクロ対応フラッシュ
  • 性能アップしたステレオスピーカ(音が25%大きくなり、低音の出力が強化)
  • 高速充電オプション(USB-Cの電源アダプタとケーブルが必要)

iPhone 8 Plusにしても変わらないこと

  • デザイン全体
  • ディスプレイサイズと解像度
  • おおよそのサイズと重さ(iPhone 8 Plusの方が高さ、厚さ、幅が0.2mmずつ大きく、14g重い)
  • Touch IDの指紋センサ
  • バッテリ持続時間
  • 防沫・耐水性能
  • 背面カメラの解像度と光学式手ぶれ補正
  • 前面カメラ
  • ARKitサポート
  • Apple Payサポート
  • ヘッドホンジャック無し

iPhone 8 Plusにしたら失うもの

  • アルミニウムの一体型筐体
  • 「ジェットブラック」「ブラック」「ゴールド」の本体カラー(新しい「ゴールド」はローズゴールドに近い)
  • 128Gバイトモデルはない

-PR-企画特集