logo

新型iPhoneは9月12日に発表へ--Appleニュース一気読み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月22日〜8月29日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のAppleニュース一気読み」。

 Appleは9月12日に、新型iPhone発表のスペシャルイベントを開催すると発表した。場所はサンフランシスコから、クパティーノの新社屋Apple Park内にあるSteve Jobsシアターへと移される。

 発売されるiPhoneは、有機ELパネルを採用したホームボタンと指紋認証センサ「Touch ID」を省いた最上位モデルに加え、iPhone 7・7 Plusの後継にあたるモデルの3機種になるとみられており、いずれもワイヤレス充電をサポートする模様だ。

 Appleのビジネスの6割以上を占めるiPhoneは、Appleにとって、絶対に失敗できない製品だ。

 それ故に、Androidスマートフォンと比較して、スペック面や技術面では緩やかに対応する傾向が強い一方で、Appleがサポートすればそのジャンルや技術の飛躍的に伸びる前例はいくつもある。

 今回の場合は拡張現実、機械学習、顔面認証、ワイヤレス充電、そして高級路線のスマートフォンということになるだろう。ハードウェアに関しては、対応アクセサリの増加という効果もあるが、ソフトウェア面やユーザー体験面では、他の企業がAppleほど上手くやれるかどうかは不透明と言える。

 また、iPhoneが主役の発表会となるが、LTE通信をサポートするApple Watchや、4Kに対応するApple TVの刷新にも期待が集まるほか、Macを含む最新OSの配信日も発表されることになるだろう。

アップル、9月のイベントで4K動画対応の新型「Apple TV」を発表か(8/25)
新型「iPhone」、9月12日に発表イベント開催か (8/29)

アイオワ州にデータセンターを新設

 Appleはアイオワ州ウォーキーに、新しいデータセンターを建設することを発表した。建設費は13億ドルで、建設や運用を含め、550人の雇用を地域にもたらす見込みだ。

 このデータセンターは北米全域のユーザー数百万人向けに、SiriやiMessage、Apple Musicといったサービスを提供するために使われるとしており、エネルギーはすべて再生可能エネルギーでまかなわれるという。

 Appleはウォーキーとアイオワ州から2億700万ドル相当の税制上の優遇を受ける報じられており、またAppleはウォーキーのコミュニティプロジェクトとインフラを支援するファンドに1億ドルを寄付するという。

アップル、新データセンターをアイオワ州に建設へ(8/25)

Siriの音声品質向上について、論文を発表

 これまで秘密主義で知られてきたAppleだが、人工知能分野では学会発表や、自社ウェブサイト「Apple Machine Learning Journal」で論文発表を行っている。この取り組みは、機械学習の技術者のスカウトに役立つ上、アプリ開発者に情報提供する側面もある。

 今回更新された論文では、Siriの音声合成の進化を聞き比べることができ、どのように音声品質を向上させたかを明らかにした。

 iOS 11では、Siriの音声の自然さ、人間らしさ、表現力の改善を目的としており、新しい女性ナレーターを選んだという。そして、「この新しい音声は、従来のものと比べて、明らかに優れていると評価された」と論文で述べた。

 ナレーターの候補者は何百人にも上り、20時間以上の音声を録音して、ディープラーニングによってテキスト読み上げ音声を構築したという。

その他

アップルの自動運転車プロジェクト、キャンパス間移動用バスに?--NYT(8/24)

-PR-企画特集