logo

「Android」スマホもAR対応へ--グーグルがSDKをプレビュー公開

Jason Cipriani (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年08月30日 07時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleはAppleに負けじと米国時間8月29日、「Android」を対象とした拡張現実(AR)に関する独自の取り組みを発表した。

 開発者は29日から、ソフトウェア開発キット(SDK)である「ARCore」のプレビュー版にアクセスして、Android端末向けのARアプリやゲームを開発することができる。


ARCoreによって、路上にライオンを登場させることもできる。
提供:Google

 「iOS 11」に搭載されるAppleのAR機能と同様に、AndroidのAR機能も追加のハードウェアを必要としない。ユーザーはアプリを起動して端末をかかげるだけで、AR機能を体験することができる。

 ARCoreのプレビュー版はまず、「Android 7.0 Nougat」以降を搭載する「Galaxy S8」とGoogleの「Pixel」の各スマートフォンに対応する。同社は現在、将来的にさらに多くの端末に対応するために、Huawei(ファーウェイ)、LG、ASUS、サムスンらと連携している。

 Googleは、ARCoreがプレビュー版である間に1億台の端末に対応することを目標としている。ただし、プレビュー版の状態がいつまで続くかは不明だ。

 今回の発表によると、Googleは、同社の「Experiments」ウェブサイトに開発者とユーザー向けのサンプルを公開し、Android上のARCoreで何ができるかについて、より良いアイデアを得るつもりだという。

 さらにARCoreは、Unity、Unreal、Java/OpenGLに対応して、モーショントラッキング、環境認識、照明推定を行う。その3つはどれも、リアルで現実味のあるAR体験を構築しようとする場合の重要な要素だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]