logo

LTE対応「Apple Watch」は2017年中に発売、非搭載モデルも--著名アナリスト予測

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年08月15日 09時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次期「Apple Watch」にLTEセルラー接続機能が内蔵されるとBloombergが報じたのは、わずか10日前のことだ。この機能が実現すれば、近くにスマートフォンがなくても、Apple Watchの機能の多くを利用できるようになる。

 今回、Apple関連のリークで知られるKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏がBloombergの報道を裏付けるような情報を提供したほか、このうわさにいくつかの新情報を追加した。9to5Macの記事によると、次期Apple Watchは実際に2017年中に出荷予定で、LTEモデルと非LTEモデルの両方が用意されると、Kuo氏は述べているという(次期Apple Watchの全モデルにLTEが搭載されるのか、そして、同スマートウォッチが2017年中に出荷されるのかは、Bloombergの記事では言及されていなかった)。

 Kuo氏は、Apple Watchの本体自体には大規模な再設計が施されないことも示唆している。報道によると、次期Apple Watchは現行製品と同様、38mmモデルと42mmモデルが用意されるはずだという。次期Apple Watchは米国ではAT&TとVerizon、Sprint、T-Mobileで販売されるかもしれないとBloombergは以前報じたが、Kuo氏はそれを肯定しておらず、それ以外の詳細情報も提供しなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集