freee、HR分野向けサービス「人事労務 freee」の提供を開始

佐藤和也 (編集部)2017年08月02日 17時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 freeeは8月2日、HR(ヒューマンリソース)分野における新サービスとなる「人事労務 freee」をリリースした。

「人事労務 freee」
「人事労務 freee」

 このサービスは、同社が提供している「クラウド給与計算ソフト freee」をフルリニューアルし、入退社手続きや勤怠管理の新機能、新プランを追加したもの。従業員1000名以下までの中小企業を対象に、勤怠や労務手続き、給与計算といった業務をクラウド上で提供する。

 従業員の勤怠管理機能において、従業員は自分のアカウントからタイムカードのような感覚で勤務記録の打刻が可能となり、コメントや修正記録、打刻時の位置情報も記録できる。記録した勤怠データはリアルタイムで給与計算に反映され、より正確なコスト管理が可能となる。また、各種窓口向けの15種類の書類をワンクリックで作成可能。入力された内容は、そのまま給与計算や勤怠管理に利用できるため、業務フローがシンプルになるという。クラウド会計ソフト freeeと合わせて活用することで、経営に重要な情報を freee 上で一元管理可能となり、大企業向けERPと同様の生産性を実現するとうたっている。

 今回の人事労務 freeeのリリースにあわせて、パーソルキャリアが運営する転職求人サービス「MIIDAS(ミイダス)」との連携や、福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を提供するベネフィット・ワンとの協業を検討、「オフィスおかん・おかん便」を展開するおかんとの協業による同サービス利用料1カ月分を無料提供、キッズラインとの協業による3000円分のベビーシッター利用クーポンの提供など、各種HRサービスとの提携や契約者に向けたキャンペーンを開始する。

HRプラットフォームとして採用や福利厚生、評価など他サービスとの提携も開始する
HRプラットフォームとして採用や福利厚生、評価など他サービスとの提携も開始する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加