グーグル、災害時の「SOSアラート」を開始--検索とマップで情報提供

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年07月26日 10時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、ユーザーが安全でいられるように支援したいと考えている。同社は米国時間7月25日、緊急事態に関する情報を「Google検索」と「Googleマップ」に表示する新機能「SOSアラート」を発表した。

 この機能が追加されたことで、ユーザーが危機的状況に関する情報を検索すると、緊急通報用電話番号やニュース、便利なフレーズのさまざまな言語への翻訳、寄付に関する情報などを含むSOSアラートが表示される場合がある。ユーザーが物理的に危機的状況の現場の近くにいる場合、そうした情報に誘導するモバイル通知が送信される。モバイル版のGoogleマップもSOSアラートを表示して、緊急事態の現場の位置を地図上で示し、道路の閉鎖などの最新情報をリアルタイムで提供する。

提供:Google

 SOSアラートに関するヘルプページによると、Googleは「自然災害や人為的災害が発生したとき」、地方自治体や国の当局、国際機関による最新情報を提供する予定だという。

 スマートフォンでSOSアラートを受信したければ、Googleアプリの最新バージョンをインストールして、位置情報をオンにしておく必要がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加