logo

「Oculus Rift」でのVR戦略はゆっくり着実に--幹部インタビュー - (page 3)

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2017年07月27日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--それほど強力なVRコミュニティーを立ち上げるには、インストールベース(販売台数)がどの程度必要なのでしょうか。現時点でもOculusにマルチプレーヤーゲームはありますが、ログインしてもゲームをできるのかどうか、よくわかりません。

 Echo Arenaのベータや「The Unspoken」の6月のアップデートがあって、ここ何週間かの週末にはいくぶん改善されましたが。

Rubin氏:とてもいい質問です。タイトルによって違ってきます。2人プレーの方が、10人プレー(Echo Arenaで対戦できる最大人数)より、かなり楽だからです。しかし、それもじきにクリアできるでしょう。

 本当にタイトル次第なのですが、Xboxや「PlayStation4」、PC用には、熱心なプレーヤーが少人数グループで何度も何度もプレーし、プレーヤー同士が対戦するタイトルもあって、それはそれで構いません。オンラインに7万人ものプレーヤーが集まる必要はないのです。もちろん、そうなるのは歓迎ですが。

figure_5
マルチプレー対応ゲーム「Dead and Buried」
提供:Oculus

--ゲームについては分かりました。しかし、お二人の会社が扱っているのはプラットフォームです。ゲームだけではありません。VRのキラーアプリが軌道に乗るには、インストールベースがどの程度必要とお考えですか。また、その目標地点に第1世代のVRヘッドセットで到達できるのでしょうか。それとも、第2世代を待たねばならないのでしょうか。

Rubin氏:難しい質問ですね。どの段階で不十分が十分に変わると言えるのか、決まった点はありませんから。

 到達点をあまり具体的に定めなければ、第1世代で到達できるだろうと考えます。

Mitchell氏:私もそう思います。

Rubin氏:第1世代で行けるはずです。非常に多くのユーザーがタイトルを同時にプレーするようになるのは第2世代かもしれませんが、Echo Arenaのようなタイトルなら第1世代で十分でしょう。

Mitchell氏:そうですね、私は大勢の友人と一緒にプレーするので、対戦には困りません。いつでも2、3人はプレーしていますからね。Riftでプレーしようと思い立ったときには、どんなゲームでもたいてい相手がいます。確かに、新しいタイトルの方が対戦相手を見つけやすいでしょうけど。

 第1世代が続く中で、Echo Arenaが正式にリリースされれば、長期的な大ヒットになるでしょう。The Unspokenは相変わらず非常に人気で、対戦相手はとても簡単に見つかります。「From Other Suns」や「Brass Tactics」など、他のマルチプレーヤーゲームもあるので、エコシステムの成長は続いていくはずです。

Rubin氏:Riftユーザーに限定する必要もありません。「Star Trek Bridge Crew」に入れば、「PlayStation VR」や「HTC Vive」のユーザーとも対戦できます。実際、Echo Arenaのベータで親指を上に向けている人がいたら、それはViveユーザーです。親指を下に向けることはできませんから。

 だから、いつもこうやって(両手でサムズアップを示す)生きていくんです。Echo Arenaが大好きということですね。

一同:(笑)

 でも、それがプレーヤー数の増加につながりますし、彼らは素晴らしいプレーヤーたちですよ。Echo Arenaの世界に大興奮して、心から楽しんでいます。


Nate Mitchell氏
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]