個人間送金をサポートする「Apple Pay Cash」とは--iOS 11で導入へ - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple Pay Cash、3つの使い道

 Apple Pay Cashでの送金の仕組みについて触れたが、それを受け取ったときの話もしておこう。Apple Pay CashをiMessageで受信すると、自分のWalletアプリにあるApple Pay専用のキャッシュカードに、受信した資金が入る仕組みだ。これも、他の個人間決済サービスと同じだ。

 たとえば食事をしたメンバーから、割り勘分で、50ドルを集めたとする。すると、Apple Pay Cashが50ドル分、Apple Pay Cash Cardに貯まる。


Apple Pay CashをiMessageで受信すると、Apple Pay専用のキャッシュカードに、受信した資金が入る仕組みだ

 この50ドルのApple Pay Cashの使い道は3つある。1つ目は、すぐに、接続している自分の銀行口座に入金する方法だ。もちろんそこにかかる手数料は無料で、割り勘のときに集めた50ドルは、そのまま自分の口座に入金できる。ただ、もう2つの説明をするため、ここではまだ口座に戻さないでおく。

 2つ目は、他の人への個人間送金のための資金として利用する方法だ。たとえば、別の飲み会に顔を出して、ビール1杯だけ飲んで帰る際、テーブルの会計はまだ閉じていないため、先に自分だけ支払うわけにもいかない。そこでビール代の6ドルをその友人にApple Pay Cashで送金する場合、先ほどの50ドルから6ドル分を送る。結果、手元のApple Pay Cashは44ドルになる。

 そして、ここで注目したいのが、3つ目の方法だ。Apple Pay Cashの資金は、店舗などでのApple Payでの決済にも利用できるのだ。

 たとえば、Apple Payに対応するWhole Foods Marketで25ドルの買い物をした時、普段利用しているクレジットカードを登録したApple Payではなく、手元にある44ドルのApple Pay Cashを使って買い物ができるようになる。買い物をして残り19ドル。これを、自分の銀行口座に戻せる。

Apple Pay Cash最大の強みは、店で使えること

 Apple Pay Cashの最大の強みは、Apple Payに対応する店舗で利用できる点にある。既にAppleは、Apple Pay利用店舗を大きく拡げており、2017年2月の段階で、全米の36%の店舗でApple Payの利用が可能となった。

 カリフォルニア州サンフランシスコ郊外の都市、バークレーで生活していても、確かに地元系のスーパーなどで利用可能になる店が増えており、別の戦略を持っているであろうチェーン系のスーパーマーケット以外では、クレジットカードを取り出すことはなくなったほどだ。

 個人間送金の資金を、こうした日々の買い物に利用できる点は、Apple Pay Cashが持つ非常に大きな強みであり、競合がまだまだ取り組めていない点でもある。

 また、多くのユーザーがApple Pay Cashを利用し、その利便性からCash Cardに資金が貯まるということは、一定量の資金がAppleの手元に一度プールされることを意味する。

 おそらくその金額がどれだけになるか、公表されることはないかもしれないが、Appleにとっては、新しい金融サービスの提供など、新しい銀行のようなサービスを行う可能性をもたらすことになるのだ。なお、Apple Pay Cashのサービスは、当初、iOS 11配信の2017年秋から米国からスタートする。日本でこのサービスを試すことができるまでには、時間がかかることが予想される。

Appleのスマートホーム戦略--HomePodを入り口に
iOS 11に見るカメラ機能の進化--新コーデックHEIF、HEVCのメリットとは
CoreMLを搭載したiOS 11向けアプリで変化すること

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]