logo

「iOS 11」vs「Android O」、新OSはどっちが勝つか? - (page 3)

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年06月13日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインの向上

 AppleはiOS 11のロック画面、コントロールセンター、Siriのインターフェース、App Storeのデザインを改善した。Android Oも幾つか改善しているが、iOSほどの規模ではない。

 ここでの勝者は、iOS 11だ。紹介されたデザイン、特に刷新されたコントロールセンターは好印象だ。だが、新しいApp Storeがうまくいくかどうかは疑問だ。

拡張現実(AR)と仮想現実(VR)

 GoogleはARとVR分野ではAppleの数年先を行っている。GoogleのVRには「Google Daydream」が、ARには「Tango」があり、VRについては最近、スタンドアロン式のヘッドセットを準備中であると発表した。AppleはAR分野に足を踏み出したばかりだ。だが同社は、AR開発者向けプラットフォーム「ARKit」が年内にリリースされれば、世界最大のARプラットフォームになるとしている。

 ここでの勝者は、VRについてはAndroidだ。ARについては勝負は宙に浮いている。GoogleのTangoプロジェクトは立ち上げに時間がかかっている。Appleがもし、うわさ通りiPhoneカメラにAR機能を搭載すれば、Googleを追い抜く可能性がある。

その他

 AppleもGoogleも、AI研究に注力し、デジタルアシスタントや関連ツールをより賢くし、文脈認識機能を強化しようとしている。

 Googleはまた、ダウンロードせずに使えるミニアプリ「Instant Apps」などのプロジェクトにも取り組んでいる。これは技術的にはAndroidに属するものではないが、スマートフォンで役立つ機能だ。さらに、物体をすぐに識別する「Google Lens」のコンセプトも印象深い。

お楽しみはとっておく

 まだ終わらない。GoogleもAppleも、新端末を披露する時まで幾つかのOSの機能を発表せずにとっておくことで有名だ。

 今のところ、Androidの方が優勢だが、これからAppleに驚かされる可能性もある。10周年を迎える次期iPhoneは大きく変わるといううわさだ。だとすれば、一番すごい新機能はそれまでとっておきたくなるだろう。

 そうなると、AppleのAR技術が、次期iPhoneのカメラのキラー機能になる可能性がある。あるいは、もしAppleがホームボタンをなくすとしたら、ハンズフリーなSiri機能が登場するかもしれない。

 Appleは、こうした機能をAndroid Oに追いつく大事な瞬間までとっておきたいだろう。次期Pixelに搭載されるAndroid Oが、隠し持った最終兵器で強烈な一撃を返さない限りは。

 すべてが明らかになる時が待ちきれない。

 AppleとGoogleにコメントを求めたが、両社からの返答はなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]