logo

シャープ、色鮮やかな60V型も--新4Kテレビ「アクオス US45」

加納恵 (編集部)2017年06月08日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは6月8日、液晶テレビ「アクオス」に新4Kモデル「US45」シリーズをラインアップした。60V型モデルは広色域「リッチカラーテクノロジープロ」を採用し、青や赤などの表現力を向上している。発売は7月25日。

シャープ「アクオス US45」シリーズ
シャープ「アクオス US45」シリーズ
「リッチカラーテクノロジープロ」
従来機種との色再現比較。左が「リッチカラーテクノロジープロ」を採用した「LC-60US45」」

 US45シリーズは、回転式スタンドを採用した「US40」シリーズの後継機。50V型の「LC-50US45」(想定税別価格:23万円前後)、55V型の「LC-55US45」(想定税別価格:28万円前後)、60型の「LC-60US45」(想定税別価格:33万円前後)の3サイズをラインアップする。

 全機種ともに、液晶パネルには低反射「N-Blackパネル」を採用し、外光の反射を抑えた艶やかな黒を再現。高効率、高輝度技術「リッチブライトネス」により、明るくクリアな映像を再現する。

 エンジンには、画像処理、液晶駆動エンジンの機能を併せ持つ「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」を搭載し、2K映像の4Kアップコンバートも実現。4K HDRから地上デジタル放送まで、高画質で再現する。

 スピーカ部は、音を前方へと導くリフレクター構造を使った「フロント オープン サウンド システム」により、音抜けのよい高音質サウンドを実現。新技術「eilex PRISM」の搭載により、広指向性を確保し、広がり感ある音が得られる。

 フルレンジスピーカ2つとサブウーファ1つの2.1ch構成のオンキヨー製スピーカを採用する。60V型のみ、オンキヨーと共同開発したサブウーファを備え、マグネットの大型化とダクト構造の変更により、低域の迫力を増した。

 円弧ループ型のスタンドは左右に動く回転式で、視聴場所に合わせて向きを変えられるほか、ケーブルの抜き差しのしやすさ、テレビ周りの掃除のしやすさが特徴。転倒防止ベルトを採用すれば、耐震性も確保できる。

リモコン。「YouTube」ダイレクトキーを採用した
リモコン。「YouTube」ダイレクトキーを採用した
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集