logo

グーグル「ストリートビュー」が10周年--ペイジ氏の構想、今や83カ国に

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2017年05月31日 10時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが「Googleマップ」の「ストリートビュー」画像を米国で最初に公開したのは、2007年5月のことだ。この重要な機能が10周年を迎えた。

ストリートビュー車に撮影された米CNETのニューヨークオフィス
ストリートビュー撮影車が捉えた米CNETのニューヨークオフィス
提供:Google/Screenshot by Dan Ackerman/CNET

 以降、83カ国でストリートビュー画像を公開し、360度カメラを搭載したマッピング車両が約1000万マイル(約1600万km)を走破したと、Googleは米国時間5月30日の10周年のブログ記事で述べた

「Larry(Page氏)は2004年、世界の360度の視界を構築するという彼のアイデアに熱くなったGoogle従業員のチームと、最初のプロトタイプに着手した。カメラを車両に載せてレーザーを追加し(まあ、もう少し複雑だったかもしれない)、最初のストリートビュー撮影車が生まれた。2006年、ストリートビュー撮影車が正式に米国の数都市を走り、2007年5月に最初の画像が公開された」

 ストリートビューは、主要道路に路上からの360度画像を追加するので、Googleマップからの検索で目的地の景観(古くなっていることもある)を見ることができる。特に便利なのは、よく知らない土地で店舗やレストランを見つける場合だ。Googleは数年前、ストリートビュー撮影車が入れないエリア向けに、360度カメラをバックパックに積み込んだ「ストリートビュー トレッカー」を投入した。

 Googleは10周年を記念する今回の投稿で、ストリートビューの中からお気に入りの写真数点を取り上げて紹介している

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集