logo

ASUS、“世界最薄”2in1など新型「ZenBook」「VivoBook」シリーズを発表

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年05月30日 08時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ZenBook Flip S

ZenBook Flip S

提供: Aloysius Low/CNET

 ASUSは台湾で開催されるComputexに合わせて現地時間5月29日午後、新しい「ZenBook」3機種と「VivoBook」2機種を発表した。

 最初に登場したのは「ZenBook Flip S」。会長のJonney Shih氏によるいつもの大胆な演説によると、世界最薄のコンバーチブルPCだという。ZenBook Flip Sは厚さ10.9mmで、Intelの第7世代の「Core i5」または「Core i7」プロセッサ、1テラバイトのSSDストレージ、16GバイトのLPDDR3メモリを搭載し、希望小売価格は1100ドルから。3840×2160ピクセルのパネルに対してスタイラスもサポートされている。

Flip S
Flip S
提供:ASUS

 またShih氏はノートPCとして、「ZenBook 3 Deluxe」とそれよりも高性能の「ZenBook Pro」を発表した。

 Deluxeは14インチ端末で、Core i5またはi7が選択可能。最大構成の場合で16Gバイト、2133MHzのLPDDR3メモリと1テラバイトのストレージを装備する。2つのThunderbolt 3ポートを備え、ディスプレイはCorningの「Gorilla Glass 5」で覆われている。

 ZenBook Proは、15.6インチのUHDパネルを装備し、 NVIDIAの「GeForce GTX 1050 Ti」GPUと、Core i5またはi7 H-seriesのCPUを搭載する。バッテリ持続時間は最大14時間とされており、1テラバイトのSSDストレージ、16GバイトのDDR4メモリ、2つのThunderbolt 3ポートを備える。

ZenBook Pro
ZenBook Pro
提供:ASUS

 価格はDeluxeで1200ドルから、Proは1300ドルから。

 また、それよりもローエンドのノートPCとして2機種のVivoBookが発表された。1テラバイトのSSDストレージの代わりに、2テラバイトの磁気ハードドライブと512GバイトのSSDドライブが装備されている。

 500ドルの「VivoBook S15」は、NVIDIAの「GeForce 940MX」GPU、Intel Core i3/i5/i7のいずれかのCPU、最大16GバイトのDDR4メモリを搭載する。

VivoBook S15
VivoBook S15
提供:ASUS

 「VivoBook Pro 15」には、Core i5またはi7 HシリーズのCPUと、NVIDIAの「GeForce GTX 1050」GPUが搭載されている。15インチの同端末は「ASUS Pen」もサポートし、Intelのメモリ技術「Optane」を採用する。VivoBook Pro 15の価格は800ドルから。

VivoBook Pro 15
VivoBook Pro 15
提供:ASUS

 またASUSは、プレゼンテーションでは触れなかったものの、「Snapdragon 821」プロセッサと8Gバイトのメモリを搭載する新型「ZenFone AR」(ZS571)という5.7インチの「Tango」対応スマートフォンも発表した。

ZenFone AR(ZS571)
ZenFone AR(ZS571)
提供:ASUS

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集