logo

「Google I/O」に歴史あり--過去の名場面を写真で振り返る - 8/15

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2017年05月19日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Android 4.0」(「Ice Cream Sandwich」)(2011)

 かつて、Googleは「Android 2.3」(開発コード名:「Gingerbread」、スマートフォン向け)と「Android 3.0」(開発コード名:「Honeycomb」、タブレット向け)の2種類のOSを提供していた。やがて、同社はこの2つを統合して、Android 4.0(開発コード名:Ice Cream Sandwich)をリリースした。外観が真新しくなったほか、システムフォント「Roboto」やリサイズ可能なウィジェット(写真)も導入された。
Scroll Right Scroll Left

「Android 4.0」(「Ice Cream Sandwich」)(2011)

 かつて、Googleは「Android 2.3」(開発コード名:「Gingerbread」、スマートフォン向け)と「Android 3.0」(開発コード名:「Honeycomb」、タブレット向け)の2種類のOSを提供していた。やがて、同社はこの2つを統合して、Android 4.0(開発コード名:Ice Cream Sandwich)をリリースした。外観が真新しくなったほか、システムフォント「Roboto」やリサイズ可能なウィジェット(写真)も導入された。

提供: Google

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]