logo

アップル、「Siri」搭載スピーカーを6月のWWDCで発表か

Dan Ackerman Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年05月02日 06時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Echo」に競合するApple製品がついにリビングルームに登場するかもしれない。

 Appleが6月上旬に開催するWorldwide Developers Conference(WWDC)でSiriを搭載する小型スピーカーを発表すると、情報通で知られるアナリストが最新レポートの中で述べている。

 Appleに関するうわさを提供するサイトMacRumorsの記事によると、「50%以上の確率で、Appleが6月のWWDCで同社初のホームAI製品を発表すると考えている」と、KGI SecuritiesのApple担当アナリストであるMing-Chi Kuo氏は述べたという。同氏はさらに、このスピーカーが2017年下半期に発売予定で、「卓越した」音声を特長とするとした。AmazonのEchoよりも価格は高くなる見込みとも述べている。

 WWDCは、Appleが新しいソフトウェアについて語る年次会議だが、ハードウェアが発表される場合もある。

 IT大手各社は新しいコネクテッド製品の売り込み先として一般家庭に狙いを定めており、その競争はますます激化している。これは、電気コンセントに差し込まれるすべてのものを接続し、個々の機器が互いに通信できるようにしようというモノのインターネット(Internet of Things:IoT)と呼ばれる新しい分野の1つだ。Amazonは、高い人気を誇るEchoスピーカーと「Alexa」音声アシスタントにより、この分野で一歩リードしている。「Google Home」は僅差で2番手に位置するが、Appleは後れをとっている。

 Appleにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。


AppleがまもなくAmazon Echoの対抗馬を出してくるかもしれない。
提供:Tyler Lizenby/CNET

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集