「Windows 10」アップデートで一部不具合、対象デバイスへの提供を一時停止

David Priest (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年04月28日 13時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、米国時間4月11日に「Windows 10」のメジャーアップデートをリリースしたが、ブログ記事によると、まだダウンロードしていない一部ユーザーを対象にアップデートへのアクセスを一時的にブロックするという。

 問題は、すべてのバグが修正されたわけではないことにあるようだ。たとえば、特定の種類のBluetoothデバイスを採用しているコンピュータが、アップデート以降、Bluetoothデバイスに接続できなくなっている。

 Microsoftでプログラム管理担当ディレクターを務めるJohn Cable氏は、「問題が対処されるまでの間、トラブルに遭うユーザーを少なくしたい」と述べている。

 Cable氏は修正予定日を明らかにしていない。同氏によると、修正プログラムの提供は段階的に行われるため、特定のハードウェアに関連するバグはその過程で修正できるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加