logo

博報堂、音楽を身体で着る「LIVE JACKET」開発--企画は落合陽一氏らが担当

加納恵 (編集部)2017年04月27日 15時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 博報堂は4月27日、どこでもライブ体験を実現するジェケット型ウェアラブルデバイス「LIVE JACKET」を開発したと発表した。

 LIVE JACKETは、着ることで音楽を全身で体感できる、ジャケット型のウェアラブルデバイス。楽曲を演奏パートごとに録音して分解し、それらを特殊なジャケットに仕込まれた数十の超小型スピーカから個々に再生してミックスする。

ジェケット型ウェアラブルデバイス「LIVE JACKET」
ジェケット型ウェアラブルデバイス「LIVE JACKET」

 身体の形状や動きに応じて、音楽の聴こえ方も変化する仕組みで、低音や全身に響く震動が、ライブハウスで体験したような迫力を生みだすという。

 デバイスの企画開発、音響デザインは、メディアアーティストで筑波大助教の落合陽一氏とThe Breakthrough Company GOが担当している。

 音楽を活用した企業のプロモーションやブランディングをでの利用を想定しており、企業の要望や課題によって、音楽のカテゴリやスピーカ数などのカスタマイズが可能。ジャケットの外観も、随時デザインができるという。

 すでに1月に開催されたロックバンド「ONE OK ROCK」のアルバム発売記念のイベントで使用したという。4月28日~5月27日に開かれる落合陽一氏の展示会「Yahoo! JAPAN Technology Art #01 ジャパニーズテクニウム展」では、オーケストラ仕様にアレンジした「ORCHESTRA JACKET」を出展する。

-PR-企画特集