logo

海水もOK、スポーツ向け「ウォークマンW」に新モデル--外音取り込みも

加納恵 (編集部)2017年04月26日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月25日、スポーツ向けデジタルプレーヤー「ウォークマン W」シリーズに「外音取り込み機能」を搭載した「NW-WS625/WS623」を発表した。発売は6月10日。想定税別価格は16GバイトモデルのWS625が1万9000円前後、4GバイトモデルのWS623が1万4000円前後になる。

「NW-WS625/WS623」
「NW-WS625/WS623」

 ウォークマンWシリーズは、内蔵メモリによる音楽プレーヤーとイヤホンを備えた一体型モデル。JIS防水保護等級IPX5/8の防水性能、独自のシール構造による防塵性能、低温環境下でも硬化しにくいシリコーンゴム材と高温下でのバッテリ保護システムによる耐寒熱性能を備え、海水にも対応している。

 外音取り込み機能は、ヘッドホンの左右に内蔵したマイクで周囲の音や人の声を取り込めるというもの。機能をオンにすれば、音楽を聴きながら周囲の音も聞こえるほか、周囲の人とコミュニケーションをとることもできる。外音の音量は3段階まで変更が可能。機能自体をオフにもできる。

 Bluetoothも採用し、スマートフォンと連動しての音楽再生にも対応。これにより、ストリーミングサービスでの音楽再生やワイヤレスヘッドホンが使えない水中でも使用可能だ。

 サイズはヘッドセット部の体積を従来機「NW-WS410」から約10%小型化したほか、重量を37gから32gに軽量化。固定部を長くすることで、装着の安定性も向上しているという。

操作ボタン部
操作ボタン部

 WS625にはリングタイプリモコンを付属し、片手で操作も可能だ。約1.5時間の充電で、最長約12時間の再生を実現。約3分の充電で約60分の再生ができる急速充電もできる。

 ボディカラーはWS625がブラック、WS623がブラック、ブルー、ライムグリーンの3色展開。別売アクセサリとして本体をコンパクトに収納し、傷や汚れから守るソフトケース「CKS-NWWS620」(想定税別価格:3000円前後)も用意する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集