宅配ボックスの受注量が通常の5倍以上に--パナソニック、新製品の発売を延期

加納恵 (編集部)2017年03月28日 12時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックエコソリューションズ社は3月28日、宅配ボックス「COMBO(コンボ)」シリーズの新製品の発売を延期すると発表した。急激な需要増に伴い、供給体制が追いつかないためとしている。

 COMBOシリーズは、住宅用の宅配ボックス。現在、コンパクト、ハーフ、スリム、ミドルの4種類を展開しているが、3月6日に新モデルとして、集合住宅用の「COMBO-Maison(メゾン)」、戸建住宅用(住宅壁埋め込み専用)の「COMBO-int(イント)」、戸建住宅用の「COMBO-F(エフ)」を発表。当初は4月3日の発売を予定していたが、6月1日の受注開始へと発売を延期した。

 パナソニックでは延期理由を既発売品の受注量が通常月の5倍以上と想定以上となり、製品供給体制が追いつかないためとしている。なお、既発売の宅配ボックスについては販売を継続している。


「COMBO(コンボ)」シリーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加