Facebookの「Messenger」でもリアルタイムの居場所をシェア可能に

Mike Sorrentino (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年03月28日 07時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユーザー同士で交わされる「ねえ、どこにいるの」という質問に、簡単に回答するための手段をFacebookが提供する。

 Facebookは米国時間3月27日、「Messenger」アプリに「Live Location」機能を追加すると発表した。互いにどれだけ離れているかがよくわからないユーザー同士の待ち合わせを支援する機能だ。

Facebook Messengerの「Live Location」機能
Facebook Messengerの「Live Location」機能
提供:Facebook

 Messengerアプリでは既に、現在地を友人に送信することができるが、今回の新機能はそれをさらに拡張して、ユーザーの移動に合わせてその位置を地図上にリアルタイムで表示する。この機能は1時間オンになるが、「シェアを停止」をタップすればいつでも停止できる。位置情報を受信する友人は、その位置まで車で行く場合の推定所要時間も確認できる。

 ユーザーは現在地を、複数の友人に同時に送信できる。Facebookは同機能を「iOS」と「Android」を対象に世界中で提供するという。

 似たような機能が、Appleの「Find My Friends」や「Glympse」、最近では「Googleマップ」など、さまざまなアプリで既に提供されている。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加