logo

スマホのデータ使用量を抑える方法--よく使う7つのアプリで節約設定

Matt Elliott (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2017年03月29日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎月、月末になるとデータ使用量が上限に近づいて、スマートフォンの使用を控えなければならなくなるような生き方は惨めだ。それよりも、データを大量に消費するアプリがそもそも過剰な量のデータを使用しないように対策を講じた方がいい。

 通常、最も多くのデータを使用するアプリは、ユーザーが最も頻繁に使用するアプリである。多くのユーザーにとって、それはFacebookやInstagram、Netflix、Snapchat、Spotify、Twitter、YouTubeだろう。これらのアプリのいずれかを日常的に使用している人は、設定を変更して、データ使用量を削減しよう。

 「iPhone」では、「設定」「モバイルデータ通信」と進んで、使用する各アプリのデータ使用量をチェックすることができる。アルファベット順に並んだリストの各アプリの名前の下に表示される小さな数字が、そのアプリの使用したデータ量だ。一番下までスクロールすれば、このデータ使用量の計測がいつ開始されたのかを確認できる。開始時期は、ユーザーがiPhoneを最初にアクティベートしたときか、問題のアプリをインストールしたときである可能性が高い。リストの下部で「統計情報のリセット」ボタンをタップすると、計測を新たにやり直すことができる。毎月または課金サイクルの初めに統計情報をリセットした後、30日後に再び確認するリマインダーを設定しておけば、この機能は役立つかもしれない。

 このデータ使用量リストでは、あらゆるアプリのモバイルデータ通信をオフにすることもできるが、ユーザーはWi-Fiネットワークにアクセスできない場所でもすべてのアプリに自由にアクセスしたいだろうから、データ使用量を削減する方法について、もっといいアイデアを紹介しよう。筆者は以下のヒントを説明するためにiPhoneを使用したが、「Android」スマートフォンでも同様のオプションを利用できる。

Facebook:動画の自動再生を停止する

 Facebookを5分おきにチェックしていればデータプランの使用量に影響するのは間違いないが、動画の自動再生がオンの状態でFacebookを5分おきにチェックしていると、さらに大量のデータを使用してしまう。幸い、動画の自動再生をWi-Fi接続時のみに限定するか、完全に無効化することができるようになっている。その方法は以下の通りだ。

  • Facebookアプリを開いて、右下の三本線ボタンをタップした後、「設定」をタップする。
  • 「アカウント設定」を選択した後、「動画と写真」をタップする。
  • 「自動再生」をタップした後、「Wi-Fi接続のみ」「動画を自動再生しない」のいずれかを選択する。
Facebookアプリのスクリーンショット
提供:Screenshot by Matt Elliott/CNET

Twitter:動画の自動再生を停止する

 Twitterを1日に何時間も使うような人は、自動再生動画の設定を変える必要がある。

  • Twitterアプリを開いて、右下の「プロフィール」ボタンをタップする。
  • プロフィールページ上部の歯車アイコンをタップして、「設定」を選択する。
  • 「データ利用の設定」をタップする。
  • 「動画の自動再生」または「高画質動画の再生を許可」をタップした後、「Wi-Fi接続時のみ」「オフ」のいずれかを選択する。
Twitterアプリのスクリーンショット
提供:Screenshot by Matt Elliott/CNET

-PR-企画特集