「YouTube」のアノテーション機能、5月2日に廃止へ

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年03月21日 08時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「YouTube」に変更を加えている最中のGoogleが、今度はYouTubeのアノテーション機能を廃止する。

 理由は、モバイルの台頭だ。この変更を発表する米国時間3月16日付けのYouTubeクリエーターブログの記事によると、Google傘下の動画サイトであるYouTube上のアノテーションの利用は70%減少したという。Googleはユーザーに対し、「Cards」(カード)と「End Screens」(終了画面)をインタラクティブな操作に使うことを推奨している。

 アノテーション機能は、モバイルへの移行が進む前の2008年に導入された。Googleによると、YouTubeの全トラフィックの60%が現在、モバイル上のものだという。

 5月2日以降、YouTubeアノテーションの作成や編集はもうできなくなるが、既存のアノテーションを削除することはできる。

YouTubeのアノテーション機能
5月2日以降、YouTubeアノテーションの作成や編集はもうできなくなる。
提供:Screenshot by Matt Elliott/CNET

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加