logo

「LINEモバイル」が3つの新戦略--店舗対応やテレビCMで顧客獲得へ - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3つの新戦略で顧客獲得へ

 続いて嘉戸氏は、今後のLINEモバイルの戦略について説明。「LINEモバイルはより挑戦し、攻める。多くの人に手に取ってもらうための取り組みを強化する」とし、新たに大きく3つの戦略を打ち出した。

 1つ目はサービス面の取り組みで、MUSIC+プランのカウントフリー対象となる音楽サービスを拡大するほか、新たに通話定額のオプションを設けることを発表した。これらは2017年の初夏までに提供する予定で、具体的な内容は今後明らかにするとしている。

新たに通話定額オプションなどを提供するとのこと。サービス開始は初夏を予定しているという
新たに通話定額オプションなどを提供するとのこと。サービス開始は初夏を予定しているという

 2つ目はタッチポイントの拡大だ。発表会の翌日となる3月15日には、全国のヨドバシカメラ、ビックカメラの10店舗で即日開通できるサービスを開設した。また、今後は即日開通対応店舗やサポート拠点などを含め、全国100カ所以上にタッチポイントを用意する方針を示している。

ヨドバシカメラ、ビックカメラを皮切りとしてリアルでのタッチポイントを構築し、全国100カ所以上に拡大することを表明している
ヨドバシカメラ、ビックカメラを皮切りとしてリアルでのタッチポイントを構築し、全国100カ所以上に拡大することを表明している

 そして3つ目はプロモーションだ。LINEモバイルはこれまで、口コミやウェブを中心としたユーザー獲得を進めてきたが、3月15日からは新たに女優の「のん」さんを起用したテレビCMを全国で展開し、積極的なプロモーションによって顧客獲得を進める。

女優の「のん」さんを起用したテレビCMを3月15日より全国で展開。のんさんはテレビCMへの起用が決まった際、「ものすごく嬉しくて、思わず叫んでしまった」と話している
女優の「のん」さんを起用したテレビCMを3月15日より全国で展開。のんさんはテレビCMへの起用が決まった際、「ものすごく嬉しくて、思わず叫んでしまった」と話している

 CMには「愛と革新。」というコピーを掲げている。嘉戸氏によると、これはLINEのミッションである「CLOSING THE DISTANCE」をもとに、通信とコミュニケーションを刷新する上で、ユーザーに対する愛があるのか、愛ゆえの革新なのかを問い続ける、LINEモバイルの運営方針を表現したものだという。またそのコピーを表現する上で、「凛としたたたずまいで、全ての世代に愛される人」という理由から、女優の「のん」さんを起用したことを明らかにした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]