「Google Drive」がビジネス向けに強化--「Team Drives」など多数の新機能

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年03月10日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのクラウド部門は、「Google Drive」を法人の生産性とコラボレーションを促進するハブと見なしているようだ。同社はこのほど、顧客拡大を目指してGoogle Driveに複数の新機能を追加した。

提供:Google
提供:Google

 言い換えると、同社は8億人の月間アクティブユーザーを抱えるGoogle Driveを、「G Suite」における法人の文書管理の足場として生かそうとしている。

 Googleでアプリ担当のバイスプレジデントを務めるPrabhakar Raghavan氏は、「そこに機会を見出し、個人向けストレージから法人のニーズに応える製品に進化させることができる」と述べた。同氏はさらに、コンテンツ移行ツールを開発するバンクーバーの企業AppBridgeを買収したことも明らかにした。

 「AppBridgeには、Google Driveにコンテンツを吸い上げるコネクタがある」(Raghavan氏)

 Raghavan氏は、「Google Cloud Next」の基調演説で、セキュリティやコンプライアンスの規格を扱う法人とのミーティングの話題に多くの時間を費やした。G Suiteには、法人向けGoogle Drive「Team Drives」や、「Hangouts Meet」「Hangouts Chat」などのチーム向けツール、「Gmail」向けアドオンプラットフォームが追加される。また、自然言語を使って会議の予定を立てる機械学習ボット「@meet」が披露された。この発表は、法人規模でG Suiteの生産性分野への進出を拡大する取り組みの一環だった。

 Google Driveへの主要な追加機能は以下の通り。

  • チームが組織のために許可やファイルへのアクセス、所有権を管理できるTeam Drives。「G Suite Business」「G Suite for Education」「G Suite Enterprise」で利用可能。
  • 同期やダウンロードなしで従業員がクラウドストレージのコンテンツを入手できるツール「Drive File Stream」。アーリーアダプタープログラムで利用可能。
  • 企業のデータ管理規定に沿ってデータを管理する「Google Vault for Drive」。

 Googleのクラウドチームは、「Hangouts」用の新ツールや、「Jamboard」、コラボアプリについても概説した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加