logo
CNET Japan Live 2017

AIは敵ではなく味方、「みんなのAI」--日本マイクロソフトが手がける7つの事例 - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真から年齢と性別を判定--MSのAI技術を体感

一般になじみやすい技術にしたいと話した大谷氏
一般になじみやすい技術にしたいと話した大谷氏

 Microsoftは、用途に応じてCognitive Services、Azure Machine Learning、Microsoft R、Cognitive Toolkitという4種類のAI関連技術を用意している。個人レベルでこれらをいきなり使い始めるのは難しい場合もあるが、画像内の人の顔を認識し、年齢と性別を判定する「How Old Do I Look?」や、画像内の犬の種類を判定する「What-Dog.net」という、気軽に同社のAI技術を体感できるサービスもある。大谷氏は最後に、同社が掲げる「みんなのAI」というキャッチフレーズとともに、AIを一般にもなじみやすい技術にしていくことを宣言して講演を終えた。

提供するAI関連技術は「Cognitive Serivces」「Azure Machine Learning」「Microsoft R」「Cognitive Toolkit」の4種類
提供するAI関連技術は「Cognitive Serivces」「Azure Machine Learning」「Microsoft R」「Cognitive Toolkit」の4種類
「How Old Do I Look?」で写真内の人の年齢と性別を判定したところ
「How Old Do I Look?」で写真内の人の年齢と性別を判定したところ
写真内の犬の種類がわかる「What-Dog.net」
写真内の犬の種類がわかる「What-Dog.net」
日本マイクロソフトとAI技術で協業している企業一覧
日本マイクロソフトとAI技術で協業している企業一覧

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]