logo
MWC 2017

サムスン、 「Galaxy Tab S3」と「Galaxy Book」を発表--Sペン付き

Jason Cipriani (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年02月27日 09時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供: Josh Miller/CNET

UPDATE サムスンはスペインのバルセロナでMobile World Congress(MWC)開幕に先立ち、新型タブレット「Galaxy Tab S3」と、ノートPCとタブレットの機能を併せ持つ「Galaxy Book」を発表した。

Galaxy Tab S3

 Galaxy Tab S3は「Android 7.0」を搭載し、画面上にメモやスケッチを書き留めるための「Sペン」を装備する。サムスンは、Tab S3用の新しいキーボード(別売り)も発表した。

主な仕様

  • サイズ:237.3×169.0×6.0mm
  • ディスプレイ:9.7インチ Super AMOLED(2048×1536) HDR再生に対応
  • プロセッサ:Qualcomm「Snapdragon 820」
  • ストレージ:32Gバイト、microSD対応、最大256Gバイト
  • メモリ:4Gバイト
  • カメラ:13メガピクセル、5メガピクセル(前面)
  • ビデオ:4K UDH 30fps
  • ポート:USB Type-C
  • 指紋認証:あり
  • 接続:Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2、LTE(オプション)、GPS
  • バッテリ:6000mAh
  • OS:Android 7.0 Nougat
  • サムスン独自機能:Sペン、Samsung Air Command、Samsung Flow、Samsung Smart Switch

 Android 7.0のインストールに伴い、Tab S3には、サムスンの以前の「TouchWiz」に代わって、Googleのマルチウィンドウモードとアプリのクイック切り替えが採用されている。ただし、カスタマイズなしのAndroidが搭載されているわけではなく、サムスンの端末であることは一目瞭然だ。Android 7.0 Nougatを搭載する「Galaxy S7」や2015年の「Galaxy Note7」と同様に、より洗練されたデザインとなっている。

 Galaxy Tab S3は、バックアップとストレージのソリューションである「Samsung Cloud」にも対応している。このクラウドはGalaxy Note7の発売時に初登場したサービスだが、その後Galaxy Note7は生産終了となった。

Galaxy Book


Galaxy Book 12
提供:Samsung

 サムスンはまた、「Windows 10」を搭載する「Galaxy Book」の2モデルを発表した。Microsoftの「Surface Pro」ラインアップと直接競合する、ノートPCとタブレットの機能を併せ持つ新製品だ。

 Galaxy Bookの2モデルの主な違いは、プロセッサと画面サイズだ。

Galaxy Book 各モデルの仕様
Galaxy Book 10.6Galaxy Book 12
サイズ261.2x179.1x8.9mm291.3x199.8x7.4mm
画面10.6インチTFT FHD (1920x1280)12インチSuper AMOLED FHD (2160x1440)
プロセッサ第7世代Intel Core m3、デュアルコア 2.6GHz第7世代Intel Core i5、デュアルコア 3.1GHz
ストレージ64GBまたは128 GB eMMC、microSD対応(最大256GB)128GB SSDまたは256GB SSD、microSD対応(最大256GB)
メモリ4GB4GBまたは8GB
カメラ前面5メガピクセル背面13メガピクセル、前面5メガピクセル
ビデオFull HD (1920x1080) 30fpsFull HD (1920x1080) 30fps
ポートUSB Type-C、microSDUSB Type-C2基、microSD
接続Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2、LTE(オプション)、GPSWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2、LTE(オプション)、GPS
バッテリ30.4W、高速充電39.04W、高速充電
OSWindows 10Windows 10
サムスン独自サービスSamsung Notes、Air Command、Samsung FlowSamsung Notes、Air Command、Samsung Flow

 Tab S3に似たデザインのGalaxy Bookは、金属製の筐体で高級感を出している。重量は筆者が予想したよりも重いが、タブレットとノートPCを両方持ち歩くことに比べたら、重すぎるというほどではない。

 どちらのGalaxy Bookにも、キーボードとスタイラス「Sペン」が付属する。

大きくなったSペン

 Tab S3とGalaxy Bookにそれぞれ付属するSペンは、スマートフォンの「Note」製品ラインでユーザーが使い慣れていたスタイラスよりも大きく、通常のペンや鉛筆と大体同じサイズだ。

 サムスンは、ユーザーが大画面を使って長めのメモを取ったりスケッチを描いたりすることを想定し、快適な使用感を目指した。

 筆者は、Tab S3とGalaxy Bookの両方でSペンを試用して、反応がよく、自然に握って使えると感じた。さらに、Sペンに搭載されているショートカット機能「Air Command」は、Tab S3ではもちろん、Windows 10デバイスのGalaxy Bookでも便利に使える。素早くメモを書き留めたり、スクリーンショットに注釈を付けることが簡単になるため、興味をそそる有用な機能だと感じた。

 Tab S3とGalaxy Bookには、Sペンを使って簡単にGIF画像を作成できるツールも用意されている。

Pogoコネクタ

 現地時間2月26日にサムスンが発表したすべてのタブレット製品は、外部キーボードとの接続に「Pogo」コネクタを採用している。このコネクタを通じて、キーボードアクセサリの電源供給と接続が実現するため、キーボード本体にはバッテリやBluetooth通信機能が必要ない。これにより、キーボードの薄型化と軽量化が可能になった。

 Galaxy Bookのキーボードには、トラックパッドも搭載されている。

価格と発売時期

 サムスンは今のところTab S3の価格を発表していないが、米国ではTab S2と同じく500ドル程度になると考えるのが妥当なのではないだろうか。Tab S3の発売時期も、本記事の執筆時点ではまだ発表されていない。

 同社はまた、Galaxy Bookの価格と発売時期についてもまだ明らかにしていない。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集