「iPhone 8」前面カメラは3Dスキャンで顔認識に対応か

David Katzmaier (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年02月22日 07時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone 8」に搭載されるとうわさされる顔認識機能を可能にするハードウェアは、前面カメラ用の「画期的な」新しいカメラシステムで構成されている可能性がある。

 「iPhone」の現行機種に搭載されているカメラモジュールが、2つの赤外線深度センサモジュールによって強化されるという。MacRumorsが、この種の予測で確かな実績を持つアナリストであるKGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏の話として報じている。センサにより、ユーザーの顔など、端末の前にある対象物の位置と深さが認識することができるようになる。

 この報道に先立ち、Appleが顔認識技術を手掛けるイスラエルの新興企業RealFaceを買収したことを根拠に、同社が指紋スキャナ「Touch ID」を補助するものとして、あるいはこれに代わるものとして、虹彩(顔)認識技術を検討しているという、今回の報道に関連するうわさもあった。サムスンの「Galaxy Note7」(そう、あのGalaxy Note7だ)が、虹彩スキャナを装備する初のスマートフォンの1つだった。

 指紋認証よりもセキュリティが高いとされる顔認証または虹彩認証が、iPhone 8の主要なセキュリティ機能になる可能性があり、「Apple Pay」の普及を促進するかもしれない。すべての商取引の前にユーザーが顔をスキャンしたいと思うかどうかについては、今後の動向を見守る必要がある。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加