logo

サムスンが「Galaxy S8」の販売目標を大幅アップか--発火問題から挽回狙う?

Gordon Gottsegen (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年02月14日 10時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは、2017年の「Galaxy」スマートフォンの販売目標を前年より大幅に引き上げるようだ。同社は「Galaxy S8」の発売を数週間後に控えている。

 サムスンは、S8の初期出荷台数を「Galaxy S7」の時より40%増やす予定だと、THE INVESTORが韓国のニュースメディアthe bellの記事をもとに報じた。

 THE INVESTORによると、サムスンはS8の販売目標も6000万台に引き上げたという。この数は、4800万台というGalaxy S7の販売実績を大きく上回る。初期出荷台数から考えると、サムスンは2017年の販売台数をおよそ5500万台と見込んでいるようだ。

 おそらくサムスンは、リコールという残念な結果に終わった「Galaxy Note7」の埋め合わせをしようとしているのだろう。このリコールでは、およそ300万台のNote7が販売中止となり、他社との差を広げようとした同社の目論見は崩れてしまった。あるいは、S8の予約販売台数が大きく伸びることを期待しているのかもしれない。その場合は、販売開始時に出荷できるS8の台数を増やしておく必要がある(Galaxy S8は3月29日に発表され、4月中旬に発売される見込みだ)。

  • Galaxy S7
    提供:Sarah Tew/CNET

 では、どのくらいの台数が出荷されるのだろうか? S7の初期出荷台数が1200万台であったのに対し、S8は1600万台が販売開始時に用意されるようだ。内訳は、標準サイズのS8が1000万台、大型の「Galaxy S8 Plus」が600万台だとthe bellは報じている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集