logo

サムスン、「Samsung Hello」を準備?--「Bixby」に次ぐAI機能か

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年02月13日 09時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Galaxy S8」に「Bixby」というAIアシスタントが搭載されると報じられたが、Bixbyのみではないかもしれない。欧州で「Samsung Hello」とされるものの商標が出願されており、その説明によると、これもAI関連の機能である可能性があるという。

 AIは、2017年のスマートフォンの重要なトレンドになりそうだが、サムスンはBixbyで、「Google Assistant」やAmazonの「Alexa」、そしてAppleが2017年にアップデートされる可能性のある「Siri」に対抗することになる。

 出願書類によると、Samsung Helloは、ゲームや音楽、天気、ソーシャルニュースなどのコンテンツをユーザーの好みに合わせて集め、提供することが可能なソフトウェアを使用するという。つまり、このソフトウェアは、ユーザーの好みを学習し、ユーザーにコンテンツを提供するためのフィードをカスタマイズすることができる。

 同書類によると、Samsung Helloは音声コマンドにも対応するという。このソフトウェアがAIアシスタントのBixbyとどのように関係するのかは不明だ。

 このほかGalaxy S8について、標準モデルと大型モデルにそれぞれ3000mAhと3500mAhのバッテリが搭載されるとの情報をThe Investorが報じている。事実であれば、「Galaxy S8 Plus」には2016年8月の「Note 7」と同じ容量のバッテリが搭載されることになる。


提供:OnLeaks

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集