アップル、「iPhone」販売台数が過去最高に--第1四半期決算

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2017年02月01日 08時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Appleは2017会計年度第1四半期の決算を発表した。過去最高の四半期売上高で業績目標を大きく上回り、「iPhone」の販売台数も過去最高を記録した。

 売上高は784億ドル、純利益は179億ドル(1株あたり3.36ドル)だった。

 アナリスト予想では、売上高が773億8000万ドル、1株あたりの利益が3.22ドルとされていた。

 Appleが第1四半期に販売したiPhoneの台数は7829万台で、前年から5%増加した。iPhoneによる売上高は543億7800万ドルだった。


 第1四半期決算の内訳は以下の通りだ。

  • iPhone:7829万台で、前年同期の7478万台から増加。
  • 「iPad」:1308万台で、前年同期の1612万台から減少。
  • 「Mac」:537万台で、前年同期の531万台から増加。
  • サービス(「iTunes」「Apple Pay」など):約72億ドル。
  • その他の製品(アクセサリ、「Apple Watch」など):40億2400万ドル。

 Appleによると、第1四半期の売上総利益率は38.5%で、前年同期の40.1%から減少した。また、第1四半期の売上高は米国外の販売が64%を占めた。

 Appleの取締役会はまた、現金配当は1株あたり57セントで、2月16日に支払われると発表した。

 同社は第2四半期について、515億~535億ドルの売上高を予想している。アナリスト予想は売上高が539億4000万ドル、1株あたりの利益が2.09ドル。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加