logo

パナソニックと産総研、先進型AI連携研究ラボを設立

加納恵 (編集部)2017年01月31日 15時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックと国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)は1月31日、「パナソニック-産総研 先進型AI連携研究ラボ」(先進型AI連携研究ラボ)を設立すると発表した。人工知能・ロボット技術と家電・住宅・車・産業などの事業領域を掛け合わせ、先進型AI技術の研究開発を実施する。設立は2月1日。総合電機メーカーとして企業名を冠する初の研究ラボになる。

 先進型AI連携研究ラボでは、AI技術・ロボット技術の分野で先進的な研究開発をしている産総研と、民生から産業まで幅広い分野で事業を展開しているパナソニックの研究部門が、今後の社会課題・顧客課題解決に向けた研究開発に共同で取り組んでいくとのこと。

 健康・介護分野、流通・接客分野において、先進の対話技術やロボット技術による業務支援に関する研究開発を進めるほか、AI技術を応用する上で、アルゴリズムの高度化やデータ規模の増大により、膨大な計算能力が必要となる課題の解決に向けた計算機環境に関する研究開発も実施する。

発足式における関係者一同。中央が小澤 順 連携研究ラボ長
発足式における関係者一同。中央が小澤 順 連携研究ラボ長

-PR-企画特集