logo

「iCloud」のカレンダーにスパム報告機能が追加

Natalie Gagliordi (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年12月13日 08時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iCloud」のカレンダーにスパムが発生していた問題で、Appleはカレンダーのウェブアプリに新しい「Report Junk」(迷惑メールを報告)機能を追加することでようやく対策を講じた。

 この数週間、カレンダーアプリに広告ベースのスパム通知が表示される問題が一部のAppleユーザーに発生していた。Appleの「Photos」アプリでも、保護されていない共有の招待やそれに続くスパムの問題が発生しているとの報告や、「iMessage」にも問題が飛び火しているとの報告も一部のユーザーから寄せられていた。

 「iCloud」のReport Junk機能により、ユーザーはスパム招待を自分のカレンダーから削除し、送信者をAppleに通知して調査してもらうことができるようになる。9to5Macによると、この機能はAppleのiCloud.comのカレンダーウェブアプリでしか提供されていないが、ゆくゆくはソフトウェアアップデートによって「iOS」と「MacOS」に組み込まれているCalendarにも提供される見込みだという。

 この機能を利用するには、自分のApple IDでiCloudアカウントにログインし、ウェブカレンダー上のスパム招待を指定して「Report Junk」へのリンクをクリックする。その後は、同期されているすべてのカレンダーからその招待が消えるはずだ。

 全般的に、Report Junk機能は実際の修正というよりはその場しのぎの対策だ。しかし、カレンダーにスパムの問題があることをAppleが認めただけでも前進だ。Appleが実質的な対策を提供するかどうか、また、いつ提供するかは、まだわからない。


一部のユーザーは、カレンダーアプリで広告ベースのスパム通知に悩まされていた。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集