logo

ローソンとパナソニック、精算と袋詰めが自動に--「レジロボ」を実証実験

加納恵 (編集部)2016年12月12日 18時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ローソンとパナソニックは12月12日、完全自動セルフレジ機「レジロボ」の実証実験を実施すると発表した。バスケットごと専用レジに設置するだけで自動的に精算と袋詰めをする。

 実証実験を実施するのは、大阪府守口市の「ローソンパナソニック前店」。レジロボは、来店客自身がバーコードをスキャンした商品を専用の「スマートバスケット」に入れ、バスケットごと専用レジに設置するだけで自動的に精算と袋詰めをするというもの。販売員がレジで商品のスキャン登録や袋詰めをする必要がないため、店舗オペレーションの省力化につながるとしている。

 2017年2月には、バーコードの代わりに、通信情報のやり取りができ、商品スキャンの必要のない、RFID(電子タグ)を導入する予定だ。

 ローソンとパナソニックは、2013年から両社で協業する「BLUE PROJECT」を立ち上げ、健康、環境、ICTをテーマに活動をしている。レジロボは、業界初となる完全自動セルフレジ機。経済産業省の支援を得て実施する。

レジロボ

-PR-企画特集