logo

ビートたけしさんや藤原竜也さんら俳優陣がそろって登壇--PS4「龍が如く6」完成披露会 - 9/14

佐藤和也 (編集部)2016年12月08日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 広瀬徹役のビートたけしさん。自身は映画監督としても大活躍していることは周知の通りだが、ゲームと映画の違いについて質問されると「ゲームのほうが楽。セリフを読めばよくて、アクションをする必要がないから。(広瀬徹の映像を見て)よくできてるよね」と一言。

 ちなみに名越監督とはよくカラオケ屋で会っていたことを明かし、そこでシャンパンをごちそうしてもらったことから「ゲームでこれだけもうかるのなら出ようと。ギャラまで出るならうれしい」と、出演の経緯について驚きのエピソードを語る。冗談交じりかと思いきや、宮迫さんは「カラオケ屋で出演が決まったのは事実と監督から聞きました」とのこと。

 さらに、たけしさんをテーマにした懐かしのゲームソフト「たけしの挑戦状」について言及する一幕があり、それを宮迫さんが当時買っていたというエピソードも飛び出すなど笑いを誘っていた。
Scroll Right Scroll Left

 広瀬徹役のビートたけしさん。自身は映画監督としても大活躍していることは周知の通りだが、ゲームと映画の違いについて質問されると「ゲームのほうが楽。セリフを読めばよくて、アクションをする必要がないから。(広瀬徹の映像を見て)よくできてるよね」と一言。

 ちなみに名越監督とはよくカラオケ屋で会っていたことを明かし、そこでシャンパンをごちそうしてもらったことから「ゲームでこれだけもうかるのなら出ようと。ギャラまで出るならうれしい」と、出演の経緯について驚きのエピソードを語る。冗談交じりかと思いきや、宮迫さんは「カラオケ屋で出演が決まったのは事実と監督から聞きました」とのこと。

 さらに、たけしさんをテーマにした懐かしのゲームソフト「たけしの挑戦状」について言及する一幕があり、それを宮迫さんが当時買っていたというエピソードも飛び出すなど笑いを誘っていた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]