logo

監視社会の到来?--「のぞき見の免許証」と揶揄される英国の新法は何をもたらすのか - (page 2)

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年12月07日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法案はどのようにして作られたのか

 Snooper's Charterはかなり前から検討されていた。

 May首相は内務大臣(テロ対策を含む英国のあらゆる国内問題を担当)を務めていた2012年、Draft Communications Data Bill(通信データ法草案)を提案した(この草案もSnooper's Charterというニックネームで呼ばれた)。この草案の内容は、インターネットサービスプロバイダー(ISP)と携帯通信事業者に、電子メールのやり取りや閲覧履歴を含む顧客の活動を記録した詳細なデータベースを12カ月間保持させるというものだった。

 同草案はインターネット上の権利やプライバシーを擁護する団体などから幅広く批判を浴び、自由民主党は最終的にその法案の通過を阻止した。

 保守党が2015年に選挙に勝利したとき、David Cameron首相の下で依然内務大臣を務めていたMay現首相は同法案を復活させた。ただし、名称を調査権限法案に変更し、いくつかの新しいアイデアも盛り込んだ。この法案が現在のSnooper's Charterにつながった。

 国王の裁可(英国で法案が法律になる前の最後の形式的な手続き)を得た今、Snooper's Charterが法律になることは確定した。それが英国民と他国の人々にとって何を意味するのか説明しよう。

figure_3
インターネット上での英国民の行動は監視されることになる。
提供:Moment Editorial/Getty Images

もはや閲覧履歴を隠すことはできない

 英国居住者の日常生活の面では、インターネットアクセス記録の保持に関する政府の規則が大きく影響する。それは以下のことを意味する。

  • ISPと携帯電話プロバイダーは、英国のネットワークを使用するあらゆるユーザーが訪れた全ウェブサイトの記録を最長1年間保持する。それには、モバイルブラウザやスマートフォンアプリ(Facebookなど)を通して訪問したサイトも含まれるが、個々のウェブページは対象外だ。そのため、例えば、cnet.comを訪問した記録は残るが、そこで読んだニュース記事や視聴した動画の記録は保持されない。
  • データは、それを収集したネットワークによって保管されるが、警察や多くの行政機関は横断検索ツールを使って、それらの記録を検索し、アクセスできるようになる。英国民のインターネット履歴を閲覧できるようになる人々のリストには、約50の組織が含まれる。
  • そのデータの検索は、警察の裁量により実行され、特別な訓練を受けた監督官のみによって監督される。司法による監督はない。
  • 自分のインターネット履歴が保存されるのを回避する唯一の方法は、プロキシや仮想プライベートネットワーク(VPN)を使うことだ。

 反対派は、警察が国民についての情報を含むデータベースへのアクセス権を乱用した過去の事例を指摘する。英国が特定の集団を標的にすることを不安視する者もいる。そうした人々は、ロンドン警視庁の警視総監までもが組織的な人種差別には「一定の正当性」があると認めたことを根拠に挙げている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]