サムスン「Galaxy J5」も爆発--AP報道

Gordon Gottsegen (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2016年11月08日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン製スマートフォンの爆発問題はいまだ終結する気配を見せない。フランス、ポー在住の女性が所有する「Galaxy J5」が、先週末に発火し爆発したと報じられた。

 ここ数カ月、サムスン製品の爆発事例が相次いでいるが、Galaxy J5が発火したとの報道はこれが初めてだ。バッテリ過熱問題で「Galaxy Note7」の生産を完全終了した後、負傷の恐れがあるとして洗濯機のリコールも発表したサムスンは、製品の安全性について消費者の信頼を取り戻すという大きな課題を抱えている。今回のGalaxy J5の爆発がほかでも起こっている問題なのか、単発的な事故なのか、あるいはバッテリの問題が原因なのかは現時点ではわかっていない。

 問題のGalaxy J5を所有していたLamya Bouyirdaneさんは、端末が熱くなっているのに気づき、見ると膨らんで煙が上がっていたとAssociated Press(AP)に語っている。投げ出したあと端末は発火し、背面がはじけ飛んだという。

 6月にインターネットでこの端末を購入したというBouyirdaneさんは、サムスンを提訴するつもりだという。爆発する直前には、息子が端末を手に持っていたとしている。

 サムスンの広報担当者は、米CNETにこう述べた。「端末を入手して徹底的に調査するまで、この特定の事例に関してコメントできない。消費者の安全は当社が最も優先する事項であり、サムスン製品で問題に遭遇したすべての顧客と協力して問題の調査と顧客のサポートに当たりたい。なお、Galaxy Note7で起きた問題は同モデルに固有の問題だ」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加